カテゴリー
DIYサポート バンコンをDIY

フロア製作 3

家具レイアウト

家具のレイアウトが固まってきたので合板の床に墨を打ちます。次にCADで設計した図面と実際の寸法を確認します。このとき合板の床と作業台を往復しながら家具の仮組をします。フロアマットはこの仮組作業が終わるまで待つことにします。もちろん養生をして行うこともできますが私は面倒なのでやりません。

黒い線が中心線と補助線です

中心線が2本見えませんか? まったくお恥ずかしいのですが墨の打ち方をミスしました。やはり練習してからやれば良い写真になったのにと後悔しきりです。中心線と補助線を利用して家具の位置を確認します。

買出しにも利用します

家具はベット、キッチン、補助ベンチの3点で構成します。基準とする家具は縦方向に長く中心線と補助線に平行なベットを選びました。フロアマットを敷設すると中心線が見えなくなるのでベットを固定して他の家具を配置する予定です。

反省写真

所どころに見えるのはネジの頭や合板表面の隙間・傷を埋めた木工用パテです。フロアマットの厚みが2㎜ですから木工用パテを使用しなくても違和感はないとおもうのですが一応御呪いのを兼ねて施工しました。ステップ固定用のボルト孔を合板床板に切り欠きましたがこれは不要でした。

     

純正ステップコーナーガード

純正のステップガードを首下の長い丸ビスで床合板を貫いて集成材木板に固定しました

鬼目ナット

M6サイズの鬼目ナットをベットの長手方向に2本取付けました。

M6ボルト

M6ボルトを挿入して鬼目ナットが垂直に取付けられたか確認します。

ボルト埋込穴

この写真はボルトの頭が埋まるように直径20㎜の穴をあけています。鬼目ナット取付の順序は以下の通りです。

  1. 家具を所定の位置に置きます
  2. ボルトを取り付ける位置に直径2㎜くらいの下穴を家具の板材を貫通して合板の床まであけます
  3. 次にボルトの穴を家具の板材に埋め込むために直径20㎜程度の浅い穴をあけます
  4. 次に家具の板材にボルトを通す穴をあけます。写真はM6ボルト用なので直径8㎜の穴を開けました
  5. 床の合板材には鬼目ナットを埋めこむための下穴を所定の直径で開けます
  6. 鬼目ナットは六角レンチで回しながら鬼目ナットを垂直にねじ込みます
ホームセンター

クッションフロアはホームセンターで10㎝単位で購入できます。同材は防炎仕様のものを使用しましょう。

シーリング

肝心のフロアマットの敷設作業の写真を取り忘れました。忘れたというか家内の助けを借りながら作業しているうちにあっけなく終わってしまったという感じです。フロアマットはフロアマット売り場に併設して売られている幅広両面テープを2巻(10m)使用しました。マットと車体の隙間はボディー色にあわせてチョコレート色のシーリング材を使用しました。

まとめ 

  • フロアの合板が張り終えたら家具製作を開始します
  • フロアマットは家具製作が終了したのちに敷設します
  • カーペット貼りは意外に簡単です(両面テープ使用)

作成者: 管理人オヤジ

1959年生まれの日本人
Japan as NO.1の時代から失われた30年を海外で過ごした元エンジニア
いまは田舎の工房で子供のころの夢に挑戦しています

コメントを残す