新旧ギャレーで考察する

初めてのDIYでは使い勝手よりも思い入れで設計することが多いように思います。色々な資料から参考になる機能を選びデザインに取り入れたりして楽しいものです。しかし実際に旅に出て使ってみると必ずしも満足した結果が得られるものでもありませんが心配ありません。旅を重ねるごとに自分にとっての最適なスタイルを創意工夫して追求することがキャンピングカーDIYの醍醐味です。

さて、写真はキャラバン1号のシンクです。アイデアはスペースを有効に使用するためにスペースを兼用することとしました。 

シンクの上に蓋を設けて調理や食事をするためのスペースを確保しましたが食事中にシンクを使えないという短所がありました。また調理をするスペースにも考えていたので大変忙しいスペースとなりました。

蓋を開けるとシンクです

私達、夫婦は旅先で地物野菜のサラダ作りを楽しむことにしています。それにはシンクがあると大変便利です。最近、調理はしないのでシンクは不要という向きもありますが時間のあるシルバー世代には必需品ではないでしょうか

霊峰富士

写真は「ふもとっぱらキャンプ場」で撮ったものです。雄大な富士山を前にして早めの夕食にしました。私は嬉しさのあまり早くもハイボールに手を出しました。散らかっていて恐縮しますm(__)m

全てが同時進行中

夕飯の準備を始めた家内のとなりでスーパーで買った「アジの南蛮漬け」で一杯始めたところです。食事の準備中なのに2本目に手を付けて叱られる直前のスナップショットです。

後付けの折りたたみテーブル

先の経験から折りたたみテーブルを後付けしたところ画期的に車中飯が楽になりました。ホームセンターで買い求めた金具にパイン集成材で作った天板を取り付けました。天板中央には磁石が効くステンレスプレートを埋め込みましたが天板が重くなっただけであまり効果がありませんでした。

昼食の準備中

このテーブルで冬はガスコンロ、夏はIHクッカーを使用して調理をしています。その理由は室内温度調整のための対策です。

・食事の流れ:シンクで洗い物を済ませ素材を準備する⇒折りたたみテーブルで調理をする⇒シンクの蓋を閉めて盛り付けを行う⇒調理器具を片付ける⇒折りたたみテーブルに料理を移動して食事をいただく⇒シンクをあけて洗い物をする

まとめ

3年間の旅をともにしたキャラバン1号の経験から次のポイントを設計に取りこむことにしました。

  • 排水タンクのドレンは必要 (キャンプ場、自宅での清掃に便利)
  • ギャレーに収納があると調理時や飲食時に便利である
  • シンクに蓋を設けない(蓋がシンクの水気で反る)
  • 食器を洗う前にキッチンタオル等で良く拭き取れば大量の洗浄水は不要である
  • シンクは小さくても使い方を工夫すれば問題ないと考えた
  • 折りたたみテーブルで省スペースを図る